9日、志位和夫委員長の街頭演説に700人

≪市民と野党の共闘勝利と日本共産党比例代表での躍進へ!≫

志位和夫委員長が9日、郡山市のJR西口広場で街頭演説を行いました。県内各地や通行人など約700人が参加しました。

f:id:jcpfukushima:20190710195953j:plain

f:id:jcpfukushima:20190710200509j:plain

志位委員長は、会場の背景にある横断幕を指しながら、「ガーベラの花言葉は『希望』。赤は情熱。希望と情熱を込めて、32の全ての1人区で勝利し、安倍政権を終わらせる選挙にしようではありませんか」と切り出し、年金問題や消費税など安倍政権の実態を告発しながら、日本共産党の3つの提案や憲法をめぐる日本共産党の政策を説明。

原発事故について、「朝日」8日付に掲載された、原発被災地での安倍首相座談会で行政が用意した原稿をむりやり参加者に読ませたという記事を紹介。「原発再稼働のために原発事故も被害も『終わったこと』にして福島を切り捨てる。こんな政権を終わらせましょう。原発ゼロへ、再生可能エネルギーへの転換を」と強調しました。

f:id:jcpfukushima:20190710200525j:plain

 

紙智子比例候補は、亡国の農政や格差と貧困、憲法と平和などに触れ、「原発事故は終わっていない。福島切り捨てを許さない。政治を変えるには市民と野党の共闘しかない。比例代表日本共産党へ」と訴えました。

f:id:jcpfukushima:20190710200028j:plain

DAPPEの松本友子さん、ふくしま県市民連合からミナセン中通り共同代表の人見やよいさんが、それぞれ野党共闘の勝利とともに、野党統一のために独自候補を取り下げた日本共産党への期待を寄せてくれました。

f:id:jcpfukushima:20190710200043j:plain f:id:jcpfukushima:20190710200151j:plain

当日、原発事故被災地での個人演説会のため参加できなかった水野さちこ統一候補に代わって、水野選対幹事長の小熊慎司衆院議員があいさつ。日本共産党の英断に感謝を表明。かつて原発を推進したことを自己批判しつつ、市民と野党の共闘を全力でたたかう決意を述べました。

f:id:jcpfukushima:20190710202740j:plain

f:id:jcpfukushima:20190710200245j:plain

 

比例も選挙区も1票を争う大激戦・大接戦!!

みなさんのご協力を心からお願いします!

◆「選挙区は水野さちこ、比例代表共産党を広げてほしい」と気軽に真剣に、1人でも多くのお知り合いにお話し下さい。

◆法定ビラ配布や、メガホン宣伝・スタンディングにご協力下さい。SNSで拡散をお願いします。

◆選挙募金にご協力ください。

f:id:jcpfukushima:20190710202810j:plain

(左から、志位和夫委員長、野口てつろう県書記長、紙智子参院選比例候補)



 

9日、志位和夫委員長が郡山駅前で訴えます!

 


f:id:jcpfukushima:20190703183616j:plain

参議院選はいよいよ中盤戦に突入。
あす9日(火)は、志位和夫党委員長が郡山駅前広場で街頭演説を行います。
テレビでおなじみの志位委員長の論説!ぜひ、生でお聞きください。
「#くらしに希望を」「#比例は日本共産党」「#選挙区は水野さちこ」みなさん、福島県から野党共闘を押し上げ、安倍政治にさよならを!
比例代表では「日本共産党」をのばしてください。

また比例カーは郡山市内を演説して回ります。神山えつこ県議・野口徹郎県書記長が訴えます。お近くの方はぜひこちらもお聞きください。

f:id:jcpfukushima:20190708182022j:plain

 

≪下の比例カーが、各地をまわっています!≫

f:id:jcpfukushima:20190708191210j:plain

比例カーで訴える野口てつろう県書記長

 

白河市議選、深谷氏当選!2議席確保はならず

 7日投開票の白河市議選(定数24、前回より2減)は、深谷ひろし候補が806票、22位で当選しましたが、さとう正則候補は542票、27位で議席に届きませんでした。

 新人・元職が多数立候補し5人はみだしのかつてない激戦のもと、自民・公明の「年金100年安心」のウソがあきらかになり、参院選も重なって日本共産党への共感と期待が急速に高まりました。現地党組織は奮闘したものの、宣伝、対話・支持拡大の到達が当選ラインまで及ばず得票で前回より437票減らす結果となりました。

 期間中は街頭や電話などで、市民のみなさんから、期待やくらしの切実な声を寄せていただきました。今後も公約の実現に全力を尽くすとともに、みなさんの期待にこたえるべく、参院選での躍進と今後の議会論戦と運動で、市民の声をまっすぐ届けて頑張る決意です。

 

いよいよ参院選公示!比例は「共産党」へ!

参議院選挙が4日、公示されました。

水野さちこ野党統一候補は、福島市内で第一声。増子輝彦選対本部長・参院議員、山崎捷子連合後援会長、今野泰「連合福島」会長、玄葉光一郎衆院議員、金子恵美衆院議員、小熊慎司衆院議員などと並んで日本共産党のいわぶち友参院議員もマイクを握り応援演説。水野候補当選のために全力をつくす決意とともに「安倍政権に原発ゼロ、消費税増税中止の審判を下そう」と訴え。

水野統一候補は、原発ゼロ社会の実現にもしっかりと触れながら、「安倍政権に、ならぬものはならぬと発信していく」と、力強く第一声をあげました。

 

f:id:jcpfukushima:20190704195902j:plain

水野候補第一声でがんばろう三唱。左から3人目は岩渕友参議院議員

 午後から福島駅前で行われた日本共産党の比例第一声には、約50人の方が集まりました。いわぶち参院議員は、3年前に国会議員となってからのアベ政治のひどさを振り返りながら、「今度は百年安心の年金がウソだった、実は足りない年金だった。比例代表日本共産党を伸ばしてほしい」と訴えました。

 県内をめぐる紙智子比例カーの主任弁士を務める野口徹郎書記長は「いまから2000万円貯めるより、鉛筆1本で政治を変えるほうが現実的。安倍政権は兵器の爆買いをする打ち出の小槌をくらし応援に使え」と訴え、町田和史県委員長は「比例代表日本共産党と書く1票は、くらしに希望を、この国に民主主義を取り戻す1票を」と力を込めて訴えました。

f:id:jcpfukushima:20190704200214j:plain

比例第一声で訴える、左から野口県書記長、岩渕参議院議員、町田県委員長

 

福島市議選で全員当選!参院選勝利へ引き続き全力

福島市議選が30日に投開票され、日本共産党の村山国子、小熊省三、佐々木優、山田裕の4氏全員が当選しました。

定数35を2人はみ出しで争う少数激戦でしたが、日本共産党は「福島市から安倍政権に審判を」と訴えつつ、国保税の引き下げや学校給食費の無償化、シルバーパスの支給年齢引き下げなどの政策を掲げてたたかいました。

4人全体での得票率で、総選挙比例票から0・34ポイント伸ばしました。佐々木氏が2844票で7位、村山氏が2540票で17位、山田氏が1972票で31位、小熊氏が1823票で33位の当選です。4氏は市議選の勢いそのままに、引き続き参議院選挙勝利に全力をつくす決意です。

f:id:jcpfukushima:20190703190532j:plain

前列左から山田、小熊、佐々木、村山の各氏、宮本しづえ県議、岩渕友参院議員=1日未明、福島市

 

白河市議選が30日告示! 多数激戦の見込み

白河市議選が6月30日告示、7月7日投票でたたかわれます。定数2減の24議席に30人前後が立候補する多数激戦になる見込みです。

日本共産党深谷ひろし、さとう正則の両現職候補は、年金問題など安倍政権の悪政から市民のくらしを守り白河から「安倍政治さよなら」「原発ゼロ」の審判を下そうと奮闘しています。

この間の市議会論戦の中で、国保税引き下げや子どもの均等割り免除などを実現してきました。さらに国保ため込み金の一部で可能な国保税の1万円引き下げや市予算の0・5%でできる学校給食費の無償化、80億円ある市のため込み金の一部を活用してのゴミ袋無料化など、財源を示した具体的な政策を訴えています。

一方で自民・公明の市議などは、消費税増税中止や年金制度改善、学校給食費無料などの請願に反対する一方で、自分たち議員の期末手当引き上げには賛成しています。

こういう市議会を変えるために、党2議席の確保、躍進がどうしても必要です。

f:id:jcpfukushima:20190626211843j:plain

深谷ひろし市議

f:id:jcpfukushima:20190626211958j:plain

さとう正則市議

 

磐梯町議選、西会津町議選どちらも当選!

磐梯町議選と西会津町議選が23日投開票されました。

 

磐梯町では日本共産党の佐藤文義氏(新)が佐藤貞夫町議の議席を引き継いで当選。西会津町議選では小林雅弘氏(新)が初当選して党議席空白を克服しました。

定数10に1人はみ出しの少数激戦となった磐梯町では、佐藤氏が187票、得票率8・19%を獲得して6位当選となりました。佐藤氏から最下位当選者までの得票差が22票という横一線の激戦でしたが、最後までの奮闘で勝利しました。

f:id:jcpfukushima:20190626210926j:plain

磐梯町、佐藤ふみよし氏

打って変わって定数12に17人が立候補する5人はみ出しの多数激戦となった西会津町では、小林氏が279票、得票率6・16%を獲得しての8位当選です。前回選挙ではわずか15票差で届きませんでしたが、この4年間に地域での活動などを広げながら、前回町議選得票から74票、前回総選挙比例票から52票を伸ばしました。

 

f:id:jcpfukushima:20190626211004j:plain

西会津町で4年ぶりに空白克服を果たした、小林まさひろ

両町とも日本共産党は、年金2000万円問題など安倍政権の悪政から住民のくらしと福祉を守るべき地方議会で、逆に住民の切実な願いがこもった請願を否決する議員がいることなどを指摘しながら、国保税の引き下げや学校給食費の無償化などを訴えました。

選挙戦中は「議会に共産党議席がないとだめだ!」などといういう町民からの声も寄せられてきました。両氏は結果をうけ、住民の暮らしといのち守る政治の実現と公約実現に、今後も全力を尽くす決意を述べました。

 

県都・福島市議選あす23日告示。大激戦!

福島市議選が23日告示(30日投票)となります。

参議院選挙直前にたたかわれる全国唯一の県都の市議選で、被災3県の市議選としても最初の選挙だけに、福島市議選でどのような結果が出るかは全国から注目されています。

定数35に38人前後が立候補の見通しで、有力候補ぞろいの大激戦となります。

日本共産党は現有4議席確保をめざし、4人の候補者を先頭に「安倍政治さよなら」の審判を福島から下そうと全力で奮闘しています。

f:id:jcpfukushima:20190622185941j:plain

 

阿部裕美子県議、最後の代表質問に登壇

6月定例県議会が19日から開会し、21日には阿部裕美子県議が日本共産党の代表質問に立ちました。今期いっぱいでの勇退を決めている阿部県議は、今回が最後の代表質問となり、伊達市伊達郡などから、大橋さおり県議候補を先頭に50人を超える方が傍聴に集まりました。

和服姿で登壇した阿部県議は、原発事故問題やくらしと社会保障の問題、高校統廃合・選別化問題、商業街づくり条例などを取り上げた上で、自らがライフワークとしてきた引きこもり問題についても質問。最後に、県民にとって心優しい県政になることを希望すると訴えました。

f:id:jcpfukushima:20190622151040j:plain

代表質問で登壇する阿部県議=21日、県議会

質問後は傍聴に駆けつけたみなさんと懇談。95年の初当選直後、地元から要望を受けた特別支援学校がやっと実現することなど、取り組みを振り返り、大橋県議候補にバトンを渡すための奮闘を約束。集まった方から花束が送られました。

それを受けて大橋県議候補も、目の前の福島市議選、参議院選挙勝利、そして県議選で必ず勝利すると決意表明しました。

f:id:jcpfukushima:20190622152129j:plain

大橋さおり氏(左から2人目)とともに挨拶する阿部県議(中央)

f:id:jcpfukushima:20190622152141j:plain

左から宮本しづえ、神山えつこ、阿部裕美子、宮川えみ子、吉田英策の各県議