ニュース

飯舘村議選・佐藤八郎氏が全力

問題山積 解決へ奔走 福島・飯館村議選告示 佐藤氏が全力 福島県飯舘村議選が14日告示(定数10、立候補12、24日投票)され、日本共産党の佐藤八郎候補(前村議)は、各地の仮設を回り訴えました。 同村は、今年3月に国の方針通り機関困難区域を除く地域の避…

北朝鮮ミサイル発射に厳しく抗議-志位和夫委員長の談話

日本共産党の志位和夫委員長は、北朝鮮が29日朝に弾道ミサイルを発射したことをうけて同日、以下の談話を発表しました。 北朝鮮の弾道ミサイル発射に厳しく抗議する――対話による解決に逆行する行為を中止せよ 2017年8月29日 日本共産党幹部会委員長…

安倍政権に審判!浪江町議選で馬場績氏1位当選

浪江町議選が23日、投開票され、日本共産党の馬場績氏が前回町議選に続いてトップ当選を果たしました。9期目の当選です。 投票率が45・21%と前回から8.6ポイント下がった(有効票で1636票の減)なかで、馬場氏は前回から40票伸ばして721票を獲得。得票率は…

湯川村議選、2割増やし片桐英子氏当選

湯川村議選(定数10、立候補12)は4月9日投開票され、日本共産党の片桐英子氏が4位で当選しました。 小林昭村議からの現新後退の選挙戦でしたが、得票数208票、得票率10.01%で得票数・率ともに前回から伸ばしての当選でした。 片桐氏は「村の保健師を退職…

中間地方選挙勝利へ全力!~湯川・浪江・郡山市議補選~

日本共産党福島県委員会は、4月に行われる中間選挙で以下の候補者を擁立してたたかいます。 ◇湯川村議選(定数10) 4月4日告示・4月9日投開票 かたぎり英子(64歳・新) 党議席の現新交代をかけて闘う湯川村選は、定数10を12人で争う、誰が落ちてもおかしく…

「女性のひろば」2月号で、増子氏と岩渕氏が対談!

日本共産党が発行する「女性のひろば」2月号で、福島選挙区で野党統一候補としてたたかった民進党の増子輝彦さんと日本共産党の岩渕友さんが対談しました! 増子さんが政治家の先輩として岩渕さんに語り掛けながら、参院選中の野党共闘について、福島の復興…

いわぶち友参議院議員のホームページができました!

いわぶち友参議院議員のホームページができました! これからバージョンアップもしていくとのこと!ぜひご覧ください。 iwabuchi-tomo.jp

「議会と自治体」1月号で福島特集掲載!

党中央が発行する「議会と自治会」では、1月号特集「終わらない原発災害『福島切り捨て』を許さない」で、福島で各分野の闘いの先頭に立つ8人の論文を掲載。この間の運動と闘い、現状と、これからの課題について詳しくつかむことができます。 ぜひご一読くだ…

2017年「本気の共闘」と、党躍進に全力!

2017年が幕を開けました。日本共産党は市民のみなさんと力を合わせ、各地の議員を先頭に国、県、市区町村をしっかり結んで要求実現に全力を尽くします。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。 今年は、衆院解散・総選挙が予想され、6月には国政の動向を…

校名「聾」(ろう)消さないでー共産党は修正案

福島県議会最終日の21日、知事提出議案の「福島県立特別支援学校条例の一部を改正する条例」に対し、共産党県議団は、県立聾学校の校名変更だけを削除する修正案を提出し、吉田英策県議が提案理由を述べました。当日は、聾学校関係者など、約60人が傍聴し…

福島県議会「第2も廃炉」、全会一致!

福島県議会は、12月定例会の最終日21日、福島第2原発(4基)全基廃炉を国に強く求める意見書を全会一致で可決しました。 東京電力福島第1原発の事故から5年9カ月が過ぎた現在まで、東電も国も廃炉を明言しない態度でしたが、11月22日の津波警報が出た福島県…

福島県議会で宮本県議が一般質問

13日、福島県議会の一般質問が行われ、宮本しづえ県議が一般質問しました。 原発事故で県外に避難している児童・生徒へのいじめが起こっている問題、こどもの貧困問題、原発事故による賠償問題などを追及しました。また、県立ろう学校の校名変更の議案が突然…

「廃炉決断国に迫れ」福島県議会で代表質問

9日の福島県議会本会議で、日本共産党の吉田英策県議が代表質問しました。 吉田県議は、11月22日の福島県沖地震による東電福島第2原発(4基)の3号機燃料プールで冷却用ポンプが停止するというトラブルが発生したことを踏まえ、「同原発廃炉の決断を国と…

衆院選福島1区・2区の候補者を発表しました

党福島県委員会は、衆院小選挙区1、2区の候補者を以下の通り発表しました。 〇1区 斎藤 朝興(さいとう・ともおき)(73)新 福島高校卒、山形大学工学部卒。福島市議5期。党県委員、党福島相馬地区副委員長。福島民商会員。 〇2区 平 善彦(たいら・よ…

ふくしま県市民連合の県民集会に120人

12月4日、「ふくしま県市民連合」は二本松市で「アベ政治の暴走を許さない第3回県民集会」を開き120人が参加しました。 日本共産党からは、岩渕友参議院議員が挨拶。「安倍政権は会期を延長してまで、年金カット法案など、数々の強行を重ねようとしています…

衆院選の野党共闘実現へ。福島市市民連合がシンポジウムを開催

福島市市民連合は27日、福島市で「野党共闘への提言 市民連合がめざすもの」と題するシンポジウムを開催し、日本共産党から久保田仁県委員長が参加して挨拶をしました。 「市民連合・福島1区」の設立をめざして行われたシンポジウムは、伊藤宏之ふくしま市…

岩渕友議員と若者がトークライブ!

11月13日「ふくしま集会」アフター企画として、DAPPEと民青が共催で「僕らがつくる原発ゼロ~福島若者集会パート2」として岩渕友議員と若者のトークライブを開催しました。 先月、国会で初質問に臨んだ岩渕議員。青年らは「ぼくたちの気持ちをさっそくぶつ…

「11.13国と東電は責任を果たせ!ふくしま集会」に1500人

11月13日、ふくしま復興共同センターが主催して「国と東電は責任を果たせ!ふくしま集会」が福島市で開かれ、県内や全国から1500人が参加しました。 集会には、浪江町の馬場有町長が連帯挨拶し、川内村の志田篤村議、飯舘や南相馬から避難生活を送ってきた方…

参院、岩渕友議員が経済産業委員会で初質問!

先の参院選で初当選を果たした岩渕友参院議員が、20日、参院経済産業委員会で初質問に立ち、福島原発事故をめぐる避難指示解除と賠償の打ちきりについて国の姿勢を追及しました。 youtu.be 岩渕氏は福島原発事故の賠償打ち切り、原発再稼働を進める政府の姿…

10月6日告示、飯舘村長選へ佐藤八郎氏が立候補

東京原発福島第1原発事故による全村避難が続く飯舘村で、任期満了に伴う村長選が10月6日告示、16日投票で行われます。村民の要請を受けて日本共産党村議の佐藤八郎氏(64)が議員を辞職し、無所属で立候補することを表明しました。現職の菅野典雄氏と一騎打…

安保法制強行1年。福島市の「市民と野党の合同街頭集会」に200人

戦争法強行1年となる9月18日、ふくしま県市民連合の呼びかけで「市民と野党の合同街頭集会」を行い、雨の中200人が参加。共産党、民進党、社民党の野党3党の代表が市民とともに訴えました。 民進党の増子輝彦参議院議員は、参院選での野党統一候補として勝…

2016年7月11日付 「福島」号外参院選速報

2016年7月11日付、参院選速報号外です。 PDFはこちらから→ id:jcpfukushima の 「福島」号外参院選速報号外2.pdf

2016年参院選、比例いわぶち友当選!

たくさんのご支持ご支援をいただき、比例代表選挙にて福島県出身のいわぶち友が当選を果たすことができました。 原発事故のさまざまな闘いのなかで共に歩んできた日本共産党福島県委員会にとっても、福島から国会へ、悲願の議席です。 今後もいわぶち友を先…

共闘で野党勝利を!県内各地で3野党が合同街宣

日本共産党福島県委員会は6月6日(月)~10日(金)、県内各地で3野党合同での街宣に取り組みました。 9日(木)の白河駅前で合同街頭演説会には日本共産党から小池晃書記局長が参加し、市民団体「ミナセンなかどおり」の人見やよいさんの司会の元、ましこ輝彦予定…

参院予定候補の5人が福島視察

原発事故から5年を迎える福島の現地調査のため、2日、3日の両日、たけだ良介・椎葉かずゆき両比例予定候補と浅野ふみ子千葉選挙区予定候補が来福。いわぶち友比例予定候補、くまがい智福島選挙区予定候補とともに、仮設住宅での懇談や、南相馬市小高区や富岡…

「安全保障関連法廃止を求めるふくしま県市民連合」キックオフ集会に参加

「安全保障関連法廃止を求めるふくしま県市民連合」の正式発足となるキックオフ集会が28日二本松市内で開かれ、全県から約250人が参加しました。日本共産党からは久保田仁県委員長が参加し、野党共闘の立場であいさつしました。 集会では中野晃一・上智大…

猪苗代町議選、五十嵐氏6位で当選

猪苗代町議選が2月21日、投開票となり、日本共産党の五十嵐ミエ子氏は、6位で3期目の当選を果たしました。得票は573票で前回から58票伸ばし、得票率も6・79ポイントと前回から1・12ポイント増、順位も前回の8位を上回っての当選となりました。 県内…

2月16日告示猪苗代町議選

猪苗代町議選(定数15)が、16日告示(21日投開票)され、日本共産党の五十嵐ミエ子氏(69・現)が議席確保に奮闘しています。 五十嵐氏はこれまで毎議会質問と議会報告を行い、町政のチェック機能を果たしてきました。 国保の1人当たり1万円を引…

金山町・青柳氏初当選。1日は棚倉町議選が告示

11月29日投開票で行われた金山町議選において、日本共産党新人の青柳ヨシ子氏(70)が117票を獲得して10位で当選、現有議席を守りました。 (金山町・青柳ヨシ子氏) 金山町議会は安保法制の「慎重審議」や九州電力・川内原発再稼働中止を求める意見書などを…

新県議団の役割が決まりました

11月19日、日本共産党福島県議団は、県庁で顔合わせと初県議団会議を行ない、役割分担等を決めました。 団長は引き続き神山悦子県議、副団長は宮川絵美子県議と阿部裕美子県議、幹事長は宮本しづえ県議、政調会長は吉田英策県議です。 4年間よろしくお願…