読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年「本気の共闘」と、党躍進に全力!

2017年が幕を開けました。日本共産党は市民のみなさんと力を合わせ、各地の議員を先頭に国、県、市区町村をしっかり結んで要求実現に全力を尽くします。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。 今年は、衆院解散・総選挙が予想され、6月には国政の動向を…

校名「聾」(ろう)消さないでー共産党は修正案

福島県議会最終日の21日、知事提出議案の「福島県立特別支援学校条例の一部を改正する条例」に対し、共産党県議団は、県立聾学校の校名変更だけを削除する修正案を提出し、吉田英策県議が提案理由を述べました。当日は、聾学校関係者など、約60人が傍聴し…

福島県議会「第2も廃炉」、全会一致!

福島県議会は、12月定例会の最終日21日、福島第2原発(4基)全基廃炉を国に強く求める意見書を全会一致で可決しました。 東京電力福島第1原発の事故から5年9カ月が過ぎた現在まで、東電も国も廃炉を明言しない態度でしたが、11月22日の津波警報が出た福島県…

福島県議会で宮本県議が一般質問

13日、福島県議会の一般質問が行われ、宮本しづえ県議が一般質問しました。 原発事故で県外に避難している児童・生徒へのいじめが起こっている問題、こどもの貧困問題、原発事故による賠償問題などを追及しました。また、県立ろう学校の校名変更の議案が突然…

「廃炉決断国に迫れ」福島県議会で代表質問

9日の福島県議会本会議で、日本共産党の吉田英策県議が代表質問しました。 吉田県議は、11月22日の福島県沖地震による東電福島第2原発(4基)の3号機燃料プールで冷却用ポンプが停止するというトラブルが発生したことを踏まえ、「同原発廃炉の決断を国と…

放射能汚染水問題・県議会で東電社長を追及

福島県議会全員協議会で9月30日、日本共産党の宮川えみ子県議が、東京電力の社長らに放射能汚染水問題で質問しました。その動画です。

汚染水問題:県議団による政府追及

県議団初登庁

県議団の中での役職 県議団長 神山えつこ県議(郡山市選出、4期目) 幹事長 宮本しづえ県議(福島市選出、1期目) 副団長 あべ裕美子県議(伊達市伊達郡選出、3期目) 副団長 宮川えみ子県議(いわき市選出、2期目) 政調会長 はせべあつし県議(いわき…

県議選で5議席を獲得!

東日本大震災・原発事故によって延期されていた福島県議会議員選挙が11月20日投票でたたかわれ、日本共産党は1999年以来、12年ぶりに政治目標の「5議席以上の県議団」を実現することが出来ました。 ご支援いただきましたみなさまに心より感謝いた…