読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

29日告示 桑折町議選迫る

 桑折町議選が9月29日告示10月4日投票でたたかわれます。日本共産党は斎藤松夫(73)、岩崎久男(67)の両氏が現有議席確保をめざします。

 両候補は、日本共産党の2議席の力で安倍暴走政治から平和と民主主義、町民のくらしを守るために頑張ると強調。憲法違反の戦争法強行を批判し、同法廃止の「国民連合政府」をつくる運動を広げるために力を尽くすと訴えています。

 両候補はまた、原発事故による影響で苦しむ福島県民を再稼働推進と一体で切り捨てようとする安倍暴走政治を許さず、原発ゼロ、完全賠償、徹底除染、がん健診無料化などのために頑張ると主張しています。

 国保税の1世帯当たり1万円引き下げを実現し、介護保険の負担軽減をはかると強調。第3子以降の出生児に30万円の祝い金支援、第2子以降の保育料無料化の拡大、学校給食無料化、任意予防接種無料化実現など子育て支援日本一の町づくりをめざすと公約。農業や地元業者への支援を掲げています。

斎藤松夫候補

f:id:jcpfukushima:20150925145617j:plain

岩崎久男候補

f:id:jcpfukushima:20150925145825j:plain