読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

衆院選福島3区~5区の候補者を発表しました

 党福島県委員会は4日、福島市内で記者会見し、衆院小選挙区3~5区の候補者を以下の通り発表しました。

 

〇3区 橋本 健二(68)新

 棚倉高校卒。NTT職員、須賀川市議5期。党県南地区常任委員。

f:id:jcpfukushima:20161105144621j:plain

〇4区 古川 芳憲(65)新

 福島大学大学院卒。会津地区で小・中学校教員、福島県民主教育センター事務局員。党会津常任委員。

f:id:jcpfukushima:20161105144733j:plain

〇5区

熊谷 智(37)新

 介護福祉専門学校卒。福祉施設会津医療生協、県民医連事務局、党福島県議団事務局長など歴任。2016年参議院比例代表選挙候補者。党県常任委員。

f:id:jcpfukushima:20161105144932j:plain

県庁で行った記者会見で、橋本氏は「安倍政権の暴走を食い止めたい。市議経験をいかし奮闘する」、古川氏は「原発再稼働を許さない。国民の声を聞かない安倍政権から、国民本位の政治を取り戻す」、熊谷氏は「共闘の実現させるために全力を尽くす。改憲勢力を少数派に置いこんで、県民の願いを踏みにじる政治を止める」と決意表明。

 久保田仁県委員長は「野党と市民の共闘を本格的に前進させる」「県内では比例票13万票以上めざす」と決意を語りました。

f:id:jcpfukushima:20161105120403j:plain