MENU

2021-11-26から1日間の記事一覧

ふくしま復興共同センターが総会開く

誰一人取り残さない復興へ ふくしま復興共同センターは11月19日、オンラインで総会を開き16の団体と6つの地域から33人が参加。2021年度の活動経過と12月18日に開かれる全国大集会の成功など、2022年度の運動方針について討議し、全員で確認しました。 開会あ…

県議団、コロナ対策、福祉灯油、汚染水対策などを求め県知事に要望申し入れ

日本共産党福島県議団は11月18日、12月定例県議会にむけて内堀県知事に要望しました。 知事に要望書を渡す(左から)大橋、宮本、神山、宮川、吉田の各県議=11月18日、県庁 コロナ対策ではワクチン接種と一体にいつでも誰でも無料でPCR検査が行えるようにす…

高橋ちづ子議員、いわぶち友議員が9団体と懇談

国会に国民の声を届け、運動をさらに前進させよう 高橋ちづ子衆議院議員といわぶち友参議院議員は11月19日、今後の国会活動に生かすため、9つの団体(県労連および労働相談センター、民医連、医労連、新婦人、生健会、農民連、福島民商、革新懇、国民救援会…

国民救援会が第41回県大会開催

改憲、冤罪をゆるさない!人権守り活動する 国民救援会福島県本部は11月13日、二本松市で第41回大会を開催しました。活動方針では、総選挙の結果を受けて、改憲勢力が国会議員の3分の2を超える新たな情勢のもと、9条改憲を許さないたたかいや、汚染水の海洋…

復興共同センターが福島市で署名街宣

ALPS処理水の海洋放出方針は撤回を! ふくしま復興共同センターは、大震災・原発事故の月命日にあたる11月11日に、JR福島駅前で、ティッシュを配りながら宣伝・署名活動に取り組みました。 署名を呼びかける斉藤共同代表(右)と参加者のみなさん=11月11日…

高湯の大規模メガソーラー開発に反対し、住民らが県に対し要請申し入れ

住民の合意と協力にもとづいた再エネ利用の推進を 気候危機打開のためには、温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの活用が欠かせません。ところが大手事業者などによって、地域住民の声を無視した大規模な太陽光発電や風力発電などの建設が県内でも進…

草の根の世論と運動をひろげて新たなたたかいへ

「共闘への大切な一歩」公約実現に引き続き力を尽くします 衆議院福島5区・野党統一候補 くまがい智 多くのご支援にあらためてお礼申し上げます。 選挙の序盤から中盤にかけて「自民党ベテラン現職vs無名の共産党新人」という有権者の受け止めを突破するのに…

松川運動記念会の第7回松川賞に、高校生戯曲と90代のエッセー作品

NPO松川運動記念会は11月6日、第7回松川賞の授賞式を開催しました。今年の松川賞の栄誉に輝いた作品は、創作部門で西田千春さん(高校生)の戯曲「いつの日にか約束を」とエッセー部門で吉田恒雄さん(91歳)の「松川の教訓を胸に刻んで」の2作品です。 松川…

「福島原発訴訟」の原告団が総会開催

公正な裁判求める連帯を広げ、全被害者の救済を 「生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟の原告団は11月6日、福島市で総会を開き、早ければ来年にも最高裁判決が出されることを見越した取り組みの強化などについて、2022年の行動方針を確認し…

野党共闘で県内5選挙区中、3選挙区で勝利

「公約実現に全力」高橋ちづ子衆院議員が街頭から決意表明 総選挙の比例東北ブロックで7選を果たした日本共産党の高橋ちづ子衆議院議員は11月3日、福島市で街頭に立ち、集まった聴衆に当選の報告と支持への感謝を表明。選挙中にうったえた「4つのチェンジ」…