MENU

激戦の南相馬市議選、日本共産党の両名当選

11月18日投票で行われた南相馬市議選。激戦を制し、渡部寛一、栗村文夫の両氏が当選しました。

汚染水の海洋放出は許さない。除染土壌の再利用反対を表明し、市民のくらしを守り応援する市政へという訴えに共感が広がりました。被災地から嬉しい勝利です。ご支援いただいた皆さんに心からの感謝を申し上げます。

両氏の得票の結果は次の通りです。

渡部寛一(現) 1,328票 8位当選

栗村文夫(新) 1,034票 14位当選

 

f:id:bigriver00:20181119120706j:plain