MENU

3、4日の記録的集中豪雨被害への対策求め、県議団が緊急要望

党県議団は8日、いわぶち友参院議員、二本松市議団、喜多方市議団と連名で、3、4日の記録的集中豪雨被害への対策を求めて県に申し入れました。

前日に二本松市喜多方市で行った現地調査をもとにした緊急要望です。

要望書を渡す(左から)大橋さおり、宮本しづえ、神山えつこ、
一人置いて、宮川えみ子、吉田英策の各県議

県に対し視察の報告と要望を申し入れる県議団ら=8日、県庁


 要望書では、二本松市岩代町の国道459号の土砂崩れについて、付近のメガ太陽光発電設備の調整池につながる水路が一部壊れていたことが、大きな土砂崩れにつながったのではないかと指摘。

 災害復旧に発電事業者が責任を持つよう指導すること、法面の復旧工事や暗渠(あんきょ)の整備、豪雨に対応できる法体系の見直し、住民合意を前提にした再エネ循環への条例制定などを求めました。

 また、JR磐越西線濁川鉄橋崩落については、早期の原因究明や復旧までのバスなどによる代替え措置、赤字であっても地域住民の公共の足を確保するため路線を廃止しないよう迫りました。

 喜多方市山都町については、調査で聞き取った被害実態を踏まえ、農地や揚水ポンプなどの復旧支援、川床の土砂除去、被災家屋・施設への支援策などを求めました。

 

 また「激甚災害指定」を国に求めること、要件を満たさない被災者には、県独自の制度で同等の被災住宅支援を行うことも要望しました。

 


◆以下「宮本しづえ県議のかけある記」のコメント(8月9日付)を転載します◆

 9日、県北農林事務所が二本松市岩代町のメガソーラー設置個所で起きた水害、土砂災害について現地調査の結果の報告がありました。降雨量はそれほど多くはないにもかかわらず土砂災害が起きたのは、設備内の水路が損傷していたため水の流れを調整池ではなく施設外の水路に流し込み飲み切れず溢れたと推定されるとの報告でした。これは私たちが現地調査で感じた要因とも一致するものです。

 問題は、不適切な設備管理が行われていてもどこが指導責任を持つのか明確ではないと言うことです。林地開発担当は開発許可が出てしまえば管理区域ではなくなるため、立ち入り調査すらできなくなると言います。残った林地は森林管理区域に入るので、残地森林の適正管理は指導できるので、その観点から事業者には指導していくとしています。まるで壊れてしまい墓参りさえできなくなった墓地の復旧についてもどこが指導できるのか今の法体系では確定できないのだというのです。

 こんな危うい中でメガ発電の開発が進められていたことが今回の被害を通じて明らかになりました。法体系の見直しとともに、身近な地方自治体が指導できる根拠を持てるよう条例整備を急ぐ必要があります。

 この設備の発電量は12メガワット、1万2千キロワットです。



3・4日集中豪雨被害について、岩渕参院議員と党地方議員らが現地調査

3日から4日にかけての大雨で福島県内でも、喜多方市を中心に被害が発生しました。

いわぶち友参院議員と党県議団・地方議員団は7日、二本松市喜多方市で土砂崩れなどの現場の調査を行いました。

 

二本松市では菅野明二本松市議の案内で、4日未明に発生した国道459号線の岩代町上長折地区の土砂崩れ現場などを調査。

二本松市岩代町、国道459号線の土砂崩れ現場

 

二本松市岩代町の土砂崩れを調査する議員団

 

大量の水が流入し、土砂崩れが発生して崩落した墓地の一部=二本松市岩代地区

二本松市岩代町太陽光発電設備の用水路と付近のため池を視察

 


喜多方市では矢吹哲哉市議らとともに、磐越西線の鉄橋(濁川橋りょう)の崩落現場にて、遠藤忠一市長から報告と要望を聞き取りました。

磐越西線の鉄橋崩落現場=喜多方市

鉄橋崩落について、遠藤忠一喜多方市長(左から4人目)の報告を聞く党議員団。
右隣が岩渕友参院議員


最後に山形県境の地区で、今回の大雨による土砂災害が多く発生した喜多方市山都町に入り、土砂崩れ現場や農地被害、宅地被害、堤防崩落の現場などを調査しました。

喜多方市山都町・小舟寺舟岡地区で農地被害を聞き取る

喜多方市山都町・堤防の崩落

喜多方市山都町・相川本木地区の土砂崩れ現場

 

喜多方市山都町・相川本木地区、土砂が流れ込んだ住宅

喜多方市山都町・朝倉沼野平地区の土砂崩れ現場

これらの調査をもとに、党県議団は8日、岩渕友参院議員、二本松市議団、喜多方市議団と連名で県に緊急に要望を申し入れました。

 

 

県に海洋放出設備工事の「事前了解」に抗議し、緊急申し入れ

福島第一原発の汚染水の処理について、福島県原子力安全確保技術検討会が26日、海洋放出のための設備工事を了解すると県知事に報告しました。今後、内堀知事がどう判断するかが焦点です。

これを受けて28日、日本共産党県委員会と党県議団、ふくしま復興共同センター、みんなで新しい県政をつくる会が、県に緊急に申し入れを行いました。

県の担当者に申し入れ書を手渡す党県議団(左から吉田、宮本、大橋、神山の各県議)=28日、県庁

申し入れの内容

・この間、漁業者はもとより広範な県民・国民から反対の声が挙げられていることや県内市町村議会の7割が海洋放出に反対・慎重対応を求める意見書をあげたことを指摘。
・それに反して国が一方的に海洋放出の方針を決めてきたことを批判。
・以下5点を求めました。

①来春の海洋放出を認めない立場を表明すること

②海洋放出のための設備工事に事前了解しないこと

放射性物質が海洋の生態系に及ぼす影響についての研究論文が世界的権威ある科学誌に掲載されるなど、新たな知見を踏まえ調査を行うよう国に求めること

④汚染水の処理については、県民・国民の理解と合意が得られる方法が確立されるまで地上保管を求めること

⑤汚染水の発生を抑制するため、直ちに広域遮水壁などの抜本対策を講じるよう国と東電に求めること

いわぶち友当選!日本共産党4議席獲得

いわぶち友2期目の当選を果たしました。

全体としては目標の比例5議席に届かず悔しい結果でしたが、福島県のみなさん、そして全国のみなさんのお力ぞえで、原発ゼロのかなめの議席を守ることができました。

当選の報を受けたいわぶち議員は「原発ゼロ・海洋放出ストップ、消費税減税、大軍拡よりも平和外交をの3つ公約実現にこれからの6年間全力を尽くす」と述べました。

比例2次候補として県内各地を訴え抜いた丸本ゆみこさんは「比例5議席の役割を果たそうと駆け抜けた。目標に届かなかったのは残念だが、県民にとって宝の議席を守れた」と述べました。

自由と平和。まっすぐつらぬく日本共産党

引き続き公約実現に全力をつくします。

福島駅前で当選の報告をするいわぶち友(中央)=7月11日

 

小池晃街頭演説に400人

4日、JR郡山駅前で開かれた小池晃書記局長街頭演説には、400人の聴衆が集まりました。

いわぶち友、丸本ゆみこ比例候補も訴え、小池晃書記局長のテンポの良い訴えに通行人も足を止めて聞き入りました。

平和と暮らしがかかった参院選、比例は日本共産党とあともう一回り、二回りと広げてください。

 

大激戦の参院選比例は日本共産党と広げてください!

 

街頭演説の動画をYouTubeで公開しましたのでぜひご覧ください。ライブ配信は機材トラブルのため中止いたしました。ご視聴を予定されていた皆様にお詫び申し上げます
 

7月4日小池晃が郡山で街頭演説!ぜひお越しください!

小池晃書記局長、福島に来たる!

 

日時:7月4日(月)14:00〜

場所:郡山駅西口駅前広場

 

暮らしと平和が大争点!

比例5人の当選と、いわぶち友の再選へ。小池書記局長が駆けつけます!

お誘い合わせてお聞きください!

 

当日の模様はYouTubeライブ配信します。

youtu.be

参院選も残り1週間!大激戦の比例代表、5議席をなんとしても!

#参院選2022 もあと1週間となりました📅
比例代表はどこでも1票あらそう大激戦です。
前回2019年の参院選では、1投票所あたりわずか3.9票の差で、5→4へ議席を後退させてしまいました😣
 
目標の5議席へ、もう一歩です👟
どうかお力をお貸しください。
5人のベストチームを国会へ押し上げてください!

28日!福島駅前で志位委員長が訴えます

日本共産党志位和夫党委員長が、28日(火)午後3時30分より、福島駅東口にて街頭から訴えます。


福島県出身で参議院1期6年をつとめ、2期目再選をめざす、いわぶち友比例候補、そして、丸本ゆみこ比例がともに訴えます。

 

暮らしと平和が大争点! 比例5人の当選と、#いわぶち友 の再選へ 🏃 ぜひ、お誘い合わせておでかけください。

 

youtu.be

YouTubeライブ配信
お仕事や学校があるみなさんは、YouTubeからぜひ録画でもご覧ください。

本日参院選公示、午後2時からいわぶち友比例候補の第一声

本日、参院選が公示となりました。

平和とくらしのかかった選挙、比例5議席確保、日本共産党の躍進が必要です。5議席のなかには福島県出身のいわぶち友参院議員も。原発に関する質問は80回以上、原発事故による福島の実態を国会に届けてきたいわぶち議員は宝の議席であり、なんとしても再び国会に送り出さなければなりません。みなさんのお力で、比例は日本共産党とまわりに広げに広げてください。

本日の午後2時からは、福島駅東口にていわぶち友比例候補の第一声を行います。

YouTubeライブ配信も行いますので、こちらからぜひご視聴ください。

www.youtube.com

また、28日午後3時半に福島駅東口にて志位和夫委員長、7月4日午後2時郡山駅西口広場にて小池晃書記局長が街頭での訴えを行います。お誘い合わせの上、お越しください。現地参加が難しい場合はいずれもライブ配信を行いますので、そちらからご視聴ください。



本日午後6時、日本共産党いわぶち友・比例事務所開きを開催します

日本共産党福島県委員会参院選闘争本部は、本日6月18日、午後6時より、日本共産党福島県委員会の事務所にて、「いわぶち友・比例事務所開き」を開催します。

 

いわぶち友参院議員、丸本ゆみこ比例予定候補が決意を表明します。

下の画像をクリックして、YouTubeライブ配信がご覧いただけます。

みなさん、ぜひご参加ください。

 

youtu.be

二本松市議選、3議席確保!

 二本松市議会議員選挙は5日、投開票され、日本共産党の斉藤広二、かんの明、たいら敏子の3候補がそろって当選を果たしました。

 超少数大激戦となりましたが3候補は、学校給食費の無料化や高すぎる国保税の引き下げ、そしてロシアのウクライナ侵略への抗議と憲法9条を守る平和外交への転換などを最後まで訴え、大激戦を勝ち抜きました。

 当選を受け、3名の二本松市議団は「市民と力をあわせて市民の要望を市政に届け、公約の実現に全力でがんばっていく」と表明しています。

 斎藤広二候補は、1191票(10位当選)、かんの明候補は997票(17位当選)、たいら敏子候補は1366票(6位当選)でした。

 引き続き、3人の二本松市議団で、公約実現に全力を尽くします。

当選の翌日、街頭から決意表明する(左から)かんの、 斎藤、平の各氏

 

二本松市議選が本日告示!3議席勝利にご支援をお願いします

 本日29日告示、6月5日投票で二本松市議選がたたかわれます。

 

 定数22に対し有力新人4人を含めた23人が立候補を表明。すでに激しい選挙戦が展開されています。1票を争う大激戦のなか、日本共産党からは、現職の斎藤広二、たいら敏子、かんの明の各氏が現有3議席確保をめざしてたたかいます。

 選挙戦は、自民党などがロシアのウクライナ侵略を口実に戦争する国づくりをすすめるなか、党3議席の当選で、二本松市から平和の願いを発信する重要な意義があります。また、物価高騰でくらしへの影響が深刻になるなか、国政・市政で「くらしを守る政治」に変えていくことが争点です。

 3候補はさらに、近隣自治体で二本松市だけが実施していない学校給食の無料化実現はじめ、国保税の引き下げなどの公約をかかげ奮闘しています。

 ぜひ、二本松市のお知り合いに声をかけていただくなど、各地からも大きなご支援をお願いします。

 

左から、かんの明、たいら敏子、斎藤広二の各候補、いわぶち友参院議員

第一声をあげるかんの明候補

第一声で訴えるたいら敏子候補

(左から)斎藤広二候補と、いわぶち友参院議員

 

5月21日(土)は、いわぶち友の演説会にお出かけください!

5月21日、県内3カ所(いわき市須賀川市福島市)で街頭演説会を開催します。

福島県出身のいわぶち友参院議員が党の政策をお話します。

 

「ロシアのプーチン共産党では?」

「日本の安全をどう守るのか」

「物価高騰で大変な暮らしをなんとかしてほしい」

みなさんからの疑問にお答えし、平和と暮らしをめぐる党の政策をお話します。

ぜひ、お近くの街頭演説会にお出かけください。

 

【5月21日(土)日本共産党街頭演説会】

10:30 いわき市イオンモール

13:30 須賀川市 結の辻

16:30 福島駅東口

いわき市の街頭演説はユーチューブで配信します。

午前10時30分からのいわき市での街頭演説のようすをユーチューブでライブ配信します。ぜひ、ご自宅で視聴ください!↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.youtube.com

情勢にふさわしい革新懇運動の前進をめざして

f:id:bigriver00:20220414125551j:plain

横断幕を掲げウクライナ支援募金にとりくむ県革新懇のみなさん=4月9日・福島市


福島県革新懇は4日、県内6か所をオンラインでつないで、地域革新懇と参加団体の経験交流会を開きました。

参院選を前に、情勢にふさわしい革新懇運動の飛躍的前進をめざして開催されたもので、4つの市部の地域革新懇革新懇参加団体あわせて20人が参加しました。

交流会では、事務室から参院選めざす方針が提起されたあと、日本共産党の町田和史県委員長から情勢と野党共闘の現状と課題について特別報告があり、全国革新懇代表世話人の伊東達也さんが、原発訴訟をめぐる闘いについて報告しました。

交流では、「だて革新懇」結成の経験や、結成して13年になる喜多方市革新懇の活動、野党の合同国会報告会を開いた福島市革新懇、毎月ニュースを発行して「ミナセンなかどおり」(市民連合)とともに共同の活動を多彩にすすめている郡山市革新懇の活動などが報告されました。経験交流会を通じて、①ウクライナへのロシア侵略糾弾、憲法を守りいかす共同の取り組み ②市民と野党共闘実現へ各野党への申し入れと野党合同国会報告会の開催 ③6月末までに300人のニュース読者・会員づくりをすすめることを確認しました。

また9日には、「ロシアはウクライナから撤退を!」の横幕を掲げ、コープふくしま方木田店(福島市内)前でチラシを配りながらウクライナ支援募金に取り組み1万8438円の募金が寄せられました。