読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市田演説会、1割以上の人がアンケート回答

ニュース 選挙関連

JA県5連会長からもメッセージ

市田忠義書記局長を迎えての日本共産党演説会が3日、福島市の県文化センターで開催され、福島市内から約900人が参加しました。

演説会では市田書記局長のほか、宮本しづえ党県副委員長、斎藤ともおき、土田聡、佐藤まち子、村山くに子の各市議、安田純治福島市党後援会長が訴えました。またJA福島五連の庄條徳一会長、全建総連福島建設ユニオンの宮地明委員長からのメッセージが読み上げられました。

市田書記局長は、くらしと経済、党の綱領と歴史、福島県政などについて解明し、宮本候補らの当選を訴えました。

「分かりやすかった」など、100人を超える方からアンケートの回答が寄せられました。

Sgil_9433歓声に応える市田書記局長たち

Sshi_1580宮本しづえ党県副委員長

Sshi_1598市田忠義書記局長

演説会の感想

寄せられた感想の一部を紹介します。

◆お話を聞けてよかったです。宮本さんは、よく福島駅東口や市内各地で街頭演説をお見かけします。いつも芯の通った中身のある訴えに、私自身の立場からできることはなにかを考えるようになりました。市田さんの気さくな語り口から出る国政への熱い訴えにも突き動かされるものがありました。(はじめて参加・21歳・女性)

◆忙殺され、政治に疎くなっておりましたが、演説会に来る度に目の醒める思いがします。なにが正しいのか分からなくなってしまう報道ばかりで、見るのも聞くのも嫌になってしまう現在の日本ですが、市田さんを筆頭に、宮本さん、4名の市議の皆様の肉声による熱い訴えに胸を打たれました。個人的に宮本さんには大変お世話になった思いがあります。しんどいときこそ頼りになる方です!!是非、県政でも活躍なさってください。(ときどき参加・25歳・女性)

◆きちんとした本来の政治家としての活動がいまの日本には求められている。そのなかでも共産党は一番である。入党して障がい者のため、国民のために役に立ちたい。(はじめて参加・34歳・男性)

◆分かりやすい内容の話でとてもよかった。テレビや新聞では、あまり報道されていないことが多く、とてもためになりました。(ときどき参加・47歳・男性)

民主党に失望しています。自民党よりはと思っていましたが、大変失望しています。もっともっと共産党の輪をさらに大きくするために、力を尽くしたいと思います。周りの人に思い切って訴えてみたいと思います。TPPは必ずやめさせましょう。(ときどき参加・54歳・男性)

◆話を聞いてとてもよかったと思います。子ども手当てもいいけど、いまの国会を見ていると、これから生きていくには不安で仕方ないです。私は年金でくらしています。年金がどんどん少なくなり、さらに7800円引かれ、くらすのにやっとです。(ときどき参加)

◆いまの日本は、おかしい方向へどんどん進んでいます。子どもの未来に光をさしてくれるのは共産党だと思います。もっともっと共産党にがんばってほしいです。選挙の応援がんばります。(いつも参加)

本日・郡山市で、あす・伊達で、12日は会津若松市で演説会

本日4日(金)は、午後6時30分から郡山市民文化センターで紙智子参院議員、神山えつこ県議団長、市議団などが訴えます。

あす5日(土)は午後2時から伊達市保原体育館で笠井亮衆院議員、あべ裕美子元県議などが訴えます。

12日(土)は午後6時30分から会津若松市文化福祉センターで高橋千鶴衆院議員、原田俊広党地区副委員長、市議団などが訴えます。(主任弁士が神山県議から高橋衆院議員に変更になりました)

いずれも入場無料です。寄せられた感想にもあるように、元気が出る演説会です。みなさまのご来場をお待ちしています。