読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

県議団初登庁

Sdsc_3588

県議団の中での役職

県議団長 神山えつこ県議(郡山市選出、4期目)

幹事長 宮本しづえ県議(福島市選出、1期目)

副団長 あべ裕美子県議(伊達市伊達郡選出、3期目)

副団長 宮川えみ子県議(いわき市選出、2期目)

政調会長 はせべあつし県議(いわき市選出、2期目)

また、議会構成と運営のルールについて、以下の通りの申し入れを行いました。

                                   2011年11月29日

福島県議会

 世話人会座長 佐藤 憲保 様

                            日本共産党福島県議会議員団

                                   団 長  神山 悦子

                                  副団長  宮川えみ子

                                    同   阿部裕美子

                                   幹事長  宮本しづえ

                                  政調会長 長谷部 淳

             議会構成および運営に係る緊急申し入れ

 東日本大震災原発事故という未曾有の危機の下で、選挙後初めての議会が開かれます。

 県民は、15万人が避難生活を強いられ将来展望が見えないなかで、1日も早い生活再建、県土の復興を願っています。

 とりわけ放射能汚染から県民を守り、住み続けられる福島を取り戻すため、除染、全面賠償、原発からの脱却に向けて、県議会が党派を超えて一丸となって、現実政治を動かすことを強く求めています。

 この県民の負託に応えるためにも、県議会が民主的に運営されることが必要であると考えます。

 新聞報道では、最大会派の自民党が議会の役職を独占する意向が伝えられ、既にその名前まで公表するに及んでいることは、これまでの議会ルールを無視するものとして看過できません。

 よって、以下の申し入れを行います。

                          記

議長は第1会派、副議長は第2会派から選出することを議会ルールとすること。

常任委員会の委員長、副委員長の選出についても各会派の公正な配分を行うこと。

5人以上を交渉会派とする規定は見直し、1人でも会派として認め各派代表者会議に参加を認めること。

交渉会派のみで協議してきた各派交渉会、政審会は廃止すること。

今後、議員報酬をはじめ議員に係る諸経費の全般的見直しについては協議する機関を議会内に設置すること。

                                             以 上