MENU

飯舘村議選・佐藤八郎氏が全力

 問題山積 解決へ奔走

 福島・飯館村議選告示 佐藤氏が全力 

 

 福島県飯舘村議選が14日告示(定数10、立候補12、24日投票)され、日本共産党の佐藤八郎候補(前村議)は、各地の仮設を回り訴えました。

 同村は、今年3月に国の方針通り機関困難区域を除く地域の避難指示を解除しました。帰還したのは466人(8月1日現在)で、住民の8.1%にとどまっています。

 相馬市の仮設住宅では、ハンドマイクで訴えた佐藤候補に住民から「がんばってください」「応援しているよ」と声がかかりました。

 佐藤候補は、避難指示解除で戻った村民が、いま医療や買い物に困っている窮状を紹介。今年度で打ち切られようとしている精神的損害賠償や来年度までの仮設住宅、全村民にたいする医療費無料化などを継続させると訴えました。

 佐藤候補は福島市伊達市仮設住宅をまわり、「みなさんの声を聞き、みなさんの立場に立って頑張りたい」と力を込めました。

 

赤旗・9月15日付より)

f:id:jcpfukushima:20170915121050j:plain