読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志位委員長が27日、被災地入り

桜井南相馬市長、菅野飯舘村長と懇談

志位和夫委員長(党中央東日本大震災災害対策本部長)、高橋千鶴衆院議員(党中央現地対策本部長)、久保田仁党県委員長(党県災害対策本部長)たちは27日、南相馬市飯舘村に入りました。

南相馬市役所で桜井勝延市長、飯舘村役場で菅野典雄村長とそれぞれ懇談し、現状と要望などを聞きました。また全国から寄せられた救援・救済募金から、それぞれ500万円ずつの目録を手渡しました。

Sdsc00873
桜井南相馬市長(左)に義援金(目録)を手渡す志位委員長

Sdsc00869
菅野飯舘村長(右)と会談する志位委員長、高橋衆院議員

津波被害現場を視察し、福島市内の避難所も訪問

その後、志位委員長たちは南相馬市原町区津波被害現場で調査しました。現場は地震で施設が崩壊したあと津波に飲み込まれ、多数の被害者が出た介護施設のあった場所です。さらに南相馬市などからの避難者、約1300人を受け入れている、福島市のあづま総合体育館を訪問。避難者を激励しながら、要望を聞きました。

調査には神山えつこ、藤川淑子両県議、宮本しづえ党県副委員長、藤倉英一党福島相馬地区委員長(同災害対策本部長)も同行しました。

Sdsc00895
地震津波被害を受けた介護施設付近を視察する志位委員長たち調査団=南相馬市原町区渋佐

Sdsc00926_2
福島市のあづま総合体育館に南相馬市などから避難している人を訪問し、歓迎を受ける志位委員長