MENU

【福島県議選】日本共産党5議席を守り抜く

交渉会派を維持

10日投開票の福島県議選で日本共産党は、自民・公明両党と真正面から争い、現職の4人全員が当選を果たしました。無投票当選1人と合わせて現有5議席を守り抜きました。

当選したのは、福島市(定数8)で宮本しづえ、郡山市(10)で神山えつこ、いわき市(10)で宮川えみ子、吉田英策の各氏。伊達市伊達郡で現職の阿部裕美子とバトンタッチして昨年秋の県議補選(得票率36%)で奮闘し、今回無投票当選を果たした大橋さおり氏と合わせ、ひきつづき県議会で交渉会派として活動できることになりました。

須賀川市岩瀬郡(定数3)、会津若松市(4)はいずれも次点で、次の選挙につながる善戦をしました。

選挙戦は、福島市では自民が現有3議席から2増を狙い、いわき市では公明党が2人目を立てて共産党追い落としの布陣を敷くなど、各地で大激戦となりました。

日本共産党2候補の事務所も浸水するなど、台風19号とその後の豪雨で被害が広がる中での選挙戦になりました。党候補を先頭に各地で調査し、寄せられた要望を行政に伝えるなど、救援活動に力を尽くし、選挙戦では「災害に強い、命を守る県政を」「大型開発を見直して防災予算を」と訴えました。

 

f:id:bigriver00:20191112165313j:plain


日本共産党の開票結果は次の通りです。

福島県:定数58/立候補75人

 

福島市選挙区】定数8/立候補10人

当 宮本しづえ(67歳/現) 11167票(2位)

 

伊達市伊達郡選挙区】定数3/立候補3人

当 大橋さおり(28歳/新) 無投票

 

郡山市選挙区】定数10/立候補13人

当 神山えつこ(64歳/現) 9761票(3位)

 

須賀川市岩瀬郡選挙区】定数3/立候補6人

  丸本由美子(57歳/新)  5018票(4位)

 

会津若松市選挙区】定数4/立候補5人

  ふるかわ 芳憲(68歳/新) 4199票(5位)

 

いわき市区】定数10/立候補12人

当 宮川えみ子(73歳/現) 8882票(6位)

当 吉田えいさく(60歳/現) 7395票(10位)

【福島県議選】いよいよ投票日!いのち、くらし守る県政をご一緒に

福島県議選、10日間の選挙戦が終わり、いよいよ11月10日(日)投票日を迎えます。みなさんの願いを日本共産党の候補者にお寄せください。いずれの選挙区も一票をあらそう横一線のたたかいです。福島県に住むご家族ご友人にも広げて下さい。

 

福島市選挙区(定数8):宮本しづえ

郡山市選挙区(定数9):神山えつこ

須賀川市岩瀬郡選挙区(定数3):丸本ゆみこ

会津若松市選挙区(定数4):ふるかわ芳憲

いわき市選挙区(定数10):吉田えいさく&宮川えみこ

 

いのち守る県政を

今回の県議選は、県民のいのちとくらしがかかった、大事な選挙です。同時に福島県は、台風19号と10月25日の記録的大雨災害で、甚大な被害を受けました。すべての被災者のみなさんに、心よりお見舞いを申し上げます。

私たち日本共産党の立党の原点は、「国民の苦難あるところに日本共産党あり」です。みなさんもお困りごとがありましたら、日本共産党にご相談下さい。日本共産党は国会議員・県議会議員・市町村議と全国2万近い草の根の支部が連携して、被災者の声と現状を政治と行政に届け、今回の台風大雨災害でも全国各地で救援活動に取り組んでいます。

長野県や岩手県が県として独自の被災者生活再建支援制度を創設するなか、福島県は検討すらしないなど、選挙戦の中で「県民につめたい県政」という一面が鮮明になりました。福島県でも一部損壊も含め県が独自に支援金の上乗せをすることを求めます。また、消防職員1000人の増員を求めます。増員に必要な予算は約80億円。県予算の0.6%で実現できます。災害に強い、いのち守る県政をつくるために引き続き住民のみなさんと力を合わせて頑張ります。

福島県は、地球温暖化の原因となる石炭火力発電所を増設するための港整備に384億円。異常気象の原因が地球温暖化にあるといわれる中で、世界の流れに逆行しているのではないでしょうか。ムダな大型開発、イノベーションコースト構想にも毎年700億円から900億円をかけています。

そもそも、今回の大雨災害を「まずまずで収まった」(自民党・二階幹事長)とか、東日本大震災を「東北でよかった」(今村復興大臣・当時)とか、「原発事故で死んだ人はいない」(高市早苗・現総務相)などの暴言を連発する安倍自公政権に、国民のいのちとくらしを守る政治を任せておくわけにはいきません。不要不急の大型事業を見直して、防災に予算を回す、いのちを守る県政をご一緒につくっていきましょう。みなさんの願いを日本共産党の候補者にお寄せ下さい。

f:id:bigriver00:20191109214239p:plain


くらしに希望を

くらしの問題はどうでしょうか。安倍政権のもと、ごくごく一部の超大企業や、超大富豪はかつてないほど資産を溜め込んでいますが、その一方で労働者の平均賃金は、ピーク時から数十万円下がっています。その上に、消費税の増税や今度の大雨災害です。こんな時だからこそ、県民のくらしを直接応援する政策が必要です。

日本共産党は、学校給食無料、お年寄りへのタクシー代補助、若者への家賃補助、国保税の引き下げなど、くらし応援の政策を掲げています。

例えば子育て世代の大きな負担となっている学校給食費は、この間、県民のみなさんの運動と日本共産党が力を合わせ、県内の半分以上の自治体で無料もしくは一部補助となっています。同じ福島県に住んでいて、無料の市もあれば、全額自己負担の市もある。ここは県が役割を発揮して、全県で無料にするべきです。

すべて県の負担にしても年間80億円です。福島県の県民1人当たりの財政規模は全国1位で、予算のわずか0.6%で可能です。高齢者にバスの無料パスを配布するのは県予算の0.1%、若者に月4万円の家賃補助するのは0.2%。日本共産党が掲げる、くらし応援の政策を全部やっても、県予算のわずか2%で実現できます。

ところが、学校給食の無料化を求める県民のみなさんが県議会に出した請願を、自民党(や公明党)が反対して握りつぶしてしまいました。

その一方で、不要不急の大型公共事業、「イノベーションコースト構想」には、この3年間だけでも2300億円の税金をつぎ込み、これからも青天井で税金を入れ続けるというのです。しかし、みなさん、それでくらしはよくなったでしょうか。日本共産党は、県民のくらし応援にこそ税金を使うよう求めます。

f:id:bigriver00:20191109214223p:plain

 

日本共産党の県議団だからこそ

日本共産党県議団は、県民から県議会に出される請願の紹介議員となる回数はダントツのトップです。県内原発全基廃炉の請願の紹介議員になったのも日本共産党県議団でした。県民のみなさんと力を合わせて、子どもの医療費を18歳まで無料にしたり、学校教室へのエアコン設置も進めてきました。こういう日本共産党県議団だからこそ、暮らし応援、原発ゼロ、そして安倍政権を倒すための市民と野党の共闘の確かな力になります。

f:id:bigriver00:20191109214232p:plain

 

今回の県議選は、日本共産党を伸ばして「くらし応援」「原発ゼロ」「いのち守る県政」そして「市民と野党の共闘」の力を大きくするか、それとも安倍政権の悪政を進める自民党公明党のこれ以上の議席増を許していいのかが焦点です。みなさんの1票は、日本共産党の候補者へ、是非とも、まわりのみなさんに大きく広げていただけますよう、最後の最後までお願いいたします。

 

 

広野町議会で空白克服-畑中ひろこ候補無投票当選

11月5日(火)に告示された広野町議選は、定数10に10人の立候補となり、日本共産党の畑中ひろこ候補が無投票で当選しました。

畑中候補は悔しい結果となった前回町議選以降、地道に訪問活動などに取り組んできました。決意を新たに町民の声を議会へ届けるため頑張ります。 

f:id:bigriver00:20191105215317j:plain

告示日に街頭で訴える畑中ひろ子候補=11月5日

f:id:bigriver00:20191105215423j:plain

 

福島県議選の火ぶた切られる!7候補が力強く第一声

 県議選が31日告示され、日本共産党の7人の候補者は各地で力強く第一声をあげ、論戦の火蓋が切られました。

 7人の党候補は、それぞれ「国民の困難あるところに日本共産党あり」の立党の原点に立った水害の救援活動や、不要不急の公共事業よりも消防職員の増員や県独自の被災者生活再建支援の上乗せなど、具体的で積極的な政策を訴えました。

f:id:bigriver00:20191031202003j:plain

神山えつこ郡山市選挙区:定数9/現・5期)

f:id:bigriver00:20191031202008j:plain

宮川えみ子いわき市選挙区:定数10/現・3期)

 

f:id:bigriver00:20191031201934j:plain

吉田えいさくいわき市選挙区:定数10/現・1期)

 

f:id:bigriver00:20191031201958j:plain

宮本しづえ福島市選挙区:定数8/現・2期)

 

f:id:bigriver00:20191031201939j:plain

丸本ゆみこ須賀川市岩瀬郡選挙区:定数3/現・新)

 

f:id:bigriver00:20191031202017j:plain

ふるかわ芳憲会津若松市選挙区:定数4/現・新)

 

大橋さおり氏無投票当選勝ち取る

ただちに全県での県議選勝利、川俣町議選勝利へふみだす

 県議選・伊達市伊達郡選挙区は定数同数の立候補で、日本共産党の大橋さおり氏(新・28歳)が無投票で当選。阿部裕美子県議からのバトンを引き継ぎました。

 この間の奮闘で勝ち取った無投票当選であり、福島県政史上、女性県議として最年少の県議が日本共産党から誕生しました。

 日本共産党伊達市伊達郡選対では、当選確定後ただちに選対本部会議を開催し、県議選と同日投票となる川俣町議選と全県の県議の議席確保のために一気に切り替えて奮闘することを意思統一しました。

f:id:bigriver00:20191031200436j:plain

当選を果たし阿部裕美子県議から 花束を受け取る大橋さおり候補 =31日、保原事務所

 

 

県への緊急申し入れ「早期に激甚災害指定を」

広範囲で記録的な豪雨となり、阿武隈川流域など各地での氾濫や、土砂崩れの多発などで大きな被害となっています。日本共産党福島県委員会は、町田委員長を本部長、野口書記長を事務局長に、台風19号被害救援対策本部を13日に設置し、国会議員や県議、市町村議員を先頭に各地で被害の実態調査を行なってきました。

各地の被害状況や住民からの要望をまとめ、党県救援対策本部と県議団は15日、県に緊急要望を申し入れました。

f:id:bigriver00:20191015173033j:plain

 要望内容は主につぎのとおり

  •  市町村と連携して被害実態と情報把握を急ぐ
  • 避難所での2次災害を防ぐため生活環境の改善にとりくむ
  • 長期避難者の把握と住まいの確保
  • 断水の一刻も早い復旧や災害ごみの扱いの徹底
  • 国の住宅再建支援の対象拡大や再建支援金の上限500万円への引き上げ

 

申し入れには、県庁に近い県北、県中地区の県議、同候補も同席。「激甚災害指定を急ぐよう国に要望してほしい」、「いま切実に求められているのは片付けのためのボランティア。県が組織すべき」、「農業被害が深刻。大きな石が農地にごろごろし、果樹は根が水につかるとダメになる。ぜひ支援を」など発言しました。


県担当者は「国に求めるべきは求める。住まい確保は優先課題」と話しました。

 

f:id:bigriver00:20191015173045j:plain

 

 

f:id:bigriver00:20191015173623j:plain

f:id:bigriver00:20191015173628j:plain



 

 

【延期・日程変更のお知らせ】日本共産党演説会in須賀川

県議選勝利に向けて、10月13日(日)に開催を予定していた「日本共産党演説会in須賀川市」は台風19号への対応と安全第一を考慮して延期すること決定しました。演説会は10月20日(日)午後1時30分より、須賀川市労働福祉会館で開催します。

f:id:bigriver00:20191011102427p:plain

 

29日、桑折町選挙で、党2議席確保!

 12年ぶりの選挙戦となった桑折町議選(定数12)が29日投開票され、日本共産党はともに現職の斎藤松夫氏が330票(7位当選・12期目)、岩﨑久男氏は249票(12位当選・3期目)を獲得し、現有2議席を確保しました。

 選挙戦では「日本共産党議席こそ暮らし守る確かな保証」と街頭から積極的に政策を訴えたほか、大橋さおり県議予定候補を先頭に連日応援にかけつけ、候補者カーに同乗し街頭から訴えました。

 当選が決まると金子恵美衆院議員も2人の事務所を訪れ、挨拶をしました。

f:id:jcpfukushima:20191002113052j:plain

当選が決まりバンザイする斎藤松夫氏(左から2人目)、阿部県議(右端)大橋県議候補(右から2人目)も=29日、桑折町

f:id:jcpfukushima:20191002113935j:plain

当選が決まりバンザイする岩﨑久男氏(右から2人目)、阿部県議(左から2人目)、大橋県議候補(右端)=29日、桑折町

 

桑折町議選29日投票!ご支持を広げてください

22日告示、29日投票でたたかわれている桑折町議選は、定数12に対して13人が立候補。激戦です。

日本共産党は、さいとう松夫氏(77)、岩﨑久男氏(71)が現有2議席を目指してたたかっています。

両氏は、学校給食費の全額無償化、高齢者の交通手段の確保、負担軽減などとともに、イノシシ対策や、公立藤田病院の充実などの政策を提言。

町民1人あたり20万円もかかる豪華庁舎建設に対して、簡素で機能的な庁舎建設に変更して総事業費を縮減し、福祉と防災対策にまわすよう訴えています。

国政、県政とも結んで町民生活守る2議席を確保のため、みなさんのご支持を大きく広げてください。

f:id:jcpfukushima:20190927150121j:plain

街宣から訴えるさいとう松夫氏

f:id:jcpfukushima:20190927150339j:plain

街宣する岩﨑久男氏

 

浅川町で2議席確保!泉崎村も現有1議席、当選!

★★浅川町で2議席確保!★★

 15日投開票でたたかわれた浅川町議選は、角田勝氏が7位、上野信直氏が9位で当選し、複数議席を確保しました。

 選挙戦では党の2議席で、タクシー助成制度や免許返納者への一時支給などが実現したことを訴えながら、子育てしやすい浅川町をめざして、半額補助が実現した学校給食費を、今度は全額補助になどと訴えました。

 今後も2議席の発言力をいかして町民の願い実現のため、町政報告などで議会の動きを町民に伝えながら、町民目線の政治実現に力をつくします。

 

★★泉崎村、現職の白石正雄氏当選!★★

 泉崎村議選は22日投開票され、定数10に新人3人を含む11人立候補で1人はみ出しの激戦のなか、日本共産党は現職の白石正雄氏(69)が10期目の当選を果たしました。

 白石氏は、学校給食費の無償化が実現することを紹介しながら、「住民アンケートでも福祉向上や負担軽減の要求が多かった」として、保育料の無料化や国保税・介護保険税の軽減、財政再建で遅れた狭い生活道路の改良促進、高齢者の移動手段の確保などを訴えたたかいました。

 白石氏は住民に議会を伝えるニュースを引き続き発行するとともに、住民の要求実現のため、がんばる決意です。

f:id:jcpfukushima:20190927142044j:plain

選挙戦で街頭から訴える白石正雄氏

 

 

現有2議席めざす浅川町15日投票!ご支援お願いします

浅川町議選(定数12)が9月10日告示され、15日投票でたたかわれます。13人が立候補し、1人はみだしの少数激戦です。

日本共産党は、かくた勝氏、上野信直氏の現職両候補が現有2議席をめざしてたたかいます。両氏は、

・学校給食費の完全無償化

・高齢者の足の確保のため自宅まで送迎してくれるタクシー代助成事業の実現

・就学援助金の早期支給

・がん検診の無料化復活

国保基金を使って今年の国保税を軽減し、農業振興策を実現

など人口減少を抑える町づくりの提案を掲げ、「町政のチェック役」として引き続きがんばります。ぜひご支援をお願いします。

f:id:jcpfukushima:20190911173642j:plain

f:id:jcpfukushima:20190911173645j:plain

10日、第一声で訴えるかくた氏(上)と上野氏(下)


 

大玉村議選で須藤、武田両氏当選!

 大玉村議選が8月6日告示となり、定数12に同数の立候補で無競争となりました。日本共産党の須藤軍蔵氏が9期目、武田悦子氏が5期目の当選を果たしました。両氏は国保税の引き下げや学校給食費無償化などを訴えました。

f:id:bigriver00:20190822120118j:plain

須藤 軍蔵氏(9期目)

f:id:bigriver00:20190822120108j:plain

武田 悦子氏(5期目)

郡山市議選で高橋、岡田の両氏が当選

 郡山市議選が11日投開票され、日本共産党の高橋善治氏が7期目、岡田哲夫氏が2期目の当選を果たしました。現新交代で挑んだ斉藤昇氏は惜しくも67票差で届きませんでした。

 定数38人に48人が立候補した多数大激戦で、高橋氏は2090票を獲得して26位、岡田氏は1679票を獲得して37位で当選、斉藤氏は1560票を獲得しましたが40位でした。3人合わせての得票は5329票で、得票率は5.44%と前回から0.82ポイントの後退となりました。

 新しい市議会の党派別構成は、共産2(3)、公明4(4)、社民3(3)、立憲1(0)、国民1(0)、無所属27(28)となります。カッコ内は前回。

 

f:id:bigriver00:20190820103113p:plain

 

【須賀川市議選】横田洋子氏2期目!新人の堂脇あきな氏バトンタッチ当選!

須賀川市議選(定数24)は4日告示され、定数通りの立候補で、横田洋子氏が2期目の当選、堂脇あきな氏は丸本由美子県議候補からの新旧バトンタッチで当選を果たしました。

f:id:bigriver00:20190804200505j:plain

横田洋子(2期目の当選)

f:id:bigriver00:20190804200509j:plain

堂脇あきな(初当選)


告示日の4日、両候補は、それぞれの事務所前で第一声をあげ、「学校のイスや机などはささくれた古いものを直しながら使っている。ウルトラマンモニュメントに400万円のお金をかけるのではなく、子育て支援や教育のために税金を使うべきだ」「市民の願い実現のために、共産党の2議席をなんとしても」と力を込めて訴えました。

10人はみ出しの多数大激戦!!郡山市議選が本日告示!

今年は、福島県内13市のうち、参議院選挙投票日の前後1カ月の間に、6つの市議選が連続的に行われるという、かつてない「選挙の年」です。

その当面のしめくくりとなるのが8月11日投票の郡山市議選。定数38に48人が立候補する多数大激戦です。同じく超多数激戦となった前回から候補者数は減ったものの、前回わずかに届かなかったいくつもの陣営が捲土重来(けんどちょうらい)を期して今回も出ていることから、4年前以上に激しい選挙戦となっています。

日本共産党は、高橋よしはる(現)、岡田哲夫(現)、斉藤のぼる(新)が立候補し、各事務所前で第一声をあげました。3つの議席を守り抜くために全力でがんばります。

f:id:bigriver00:20190804195413j:plain

高橋よしはる(現)

f:id:bigriver00:20190804195417j:plain

岡田 哲夫(現)

f:id:bigriver00:20190804195421j:plain

斉藤のぼる(新)

 

これまでの実績

日本共産党郡山市議団はこれまでに、「水道会計は約10億円余の黒字、全国一高い水道料引き下げを」「国保基金をためるより、国保税引き下げを」を議会でくり返し提案し、水道料3%、国保税2.2%の引き下げを実現してきました。

また郡山駅東口のバリアフリー化を求めてエレベーター、エスカレータが設置されました。

議会で「介護保険料の値上げ」や「3年連続の市議ボーナスアップ」にも反対し、市民目線で市政をチェックする役目を果たしてきました。

 

3つの議席確保で、今度はこれを実現します!!

今回の選挙では

  • 国保基金9億円をいかして、子どもの均等割りをやめさせること
  • 1396億の市予算や135億のためこみ金をいかして、1300人の特養ホーム待機者解消
  • 乗り合いバスや高齢者タクシーの充実
  • 充実した奨学金制度の実施
  • イノシシなど鳥獣被害対策強化

などを公約に掲げています。

 

当選ラインが大幅にアップする今回の市議選で、前回並みの取り組みでは競り負けると、3名の候補は猛奮闘しています。ぜひとも3人の市議候補へのご支持の輪を広げてください。よろしくお願いいたします。