MENU

3・4日集中豪雨被害について、岩渕参院議員と党地方議員らが現地調査

3日から4日にかけての大雨で福島県内でも、喜多方市を中心に被害が発生しました。

いわぶち友参院議員と党県議団・地方議員団は7日、二本松市喜多方市で土砂崩れなどの現場の調査を行いました。

 

二本松市では菅野明二本松市議の案内で、4日未明に発生した国道459号線の岩代町上長折地区の土砂崩れ現場などを調査。

二本松市岩代町、国道459号線の土砂崩れ現場

 

二本松市岩代町の土砂崩れを調査する議員団

 

大量の水が流入し、土砂崩れが発生して崩落した墓地の一部=二本松市岩代地区

二本松市岩代町太陽光発電設備の用水路と付近のため池を視察

 


喜多方市では矢吹哲哉市議らとともに、磐越西線の鉄橋(濁川橋りょう)の崩落現場にて、遠藤忠一市長から報告と要望を聞き取りました。

磐越西線の鉄橋崩落現場=喜多方市

鉄橋崩落について、遠藤忠一喜多方市長(左から4人目)の報告を聞く党議員団。
右隣が岩渕友参院議員


最後に山形県境の地区で、今回の大雨による土砂災害が多く発生した喜多方市山都町に入り、土砂崩れ現場や農地被害、宅地被害、堤防崩落の現場などを調査しました。

喜多方市山都町・小舟寺舟岡地区で農地被害を聞き取る

喜多方市山都町・堤防の崩落

喜多方市山都町・相川本木地区の土砂崩れ現場

 

喜多方市山都町・相川本木地区、土砂が流れ込んだ住宅

喜多方市山都町・朝倉沼野平地区の土砂崩れ現場

これらの調査をもとに、党県議団は8日、岩渕友参院議員、二本松市議団、喜多方市議団と連名で県に緊急に要望を申し入れました。